デザイナーの採用を成功させるコツ4選|具体的なフローやおすすめの採用媒体も

昨今、企業におけるデザイナーの需要は高まりつつあります。

IT領域も進展していっていることから、幅広い業種・企業で活躍できるデザイナーも増えてきています。しかし、専門的な知識を必要とするデザイナーの数がまだまだ少なく、デザイナーの採用は一般的な職種よりも採用が難しいという声をよく聞きます。

そこで本記事では、デザイナー採用が難しいと言われている理由やデザイナー採用を成功させるポイントについて解説していきます。

\その他の職種についてはコチラの記事もおすすめ!/

\採用課題は「即戦力RPO」にご相談ください/

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

採用課題は

\「即戦力RPO」にご相談ください

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

目次

デザイナー採用の現状

技術の進化やデジタル化が加速している現代は、優れたデザインが企業の競争力に直結する時代となりました。

株式会社電通が発表した「22023年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によると、2023年において、日本のテレビ、新聞、ラジオ、雑誌の4大マスメディアを含めた総広告費が7兆3,167億円であったのに対し、インターネット広告費は3兆3,330億円(前年比107%)に達し、日本の総広告費全体の45.5%という結果になっています。

広告費という観点から見ても、現代におけるインターネット広告の急速な成長が見られ、この流れは今後も続いていくことが考えられます。そして、このような時代変化に伴ってデジタルコンテンツの制作を手がけるデザイナーの需要が高まっているのです

特に、企業は単なる商品やWebデザインだけでなく、Webマーケティングを含むユーザー体験(UX)に対しての知見やスキルを持つデザイナーの需要が特に高く、採用市場に参入する企業がどんどん増えているというのが現状です。

デザイナーの採用が難しい理由

続いては、デザイナーの採用が難しいと言われている理由を3つ解説します。

理由①:採用市場に優秀なデザイナーが少ないから

デザイナーの採用が難しい理由の1つ目は、採用市場に優秀なデザイナーが少ないからです。

デザイン業界は創造性や技術力を求められる分野であり、そのニーズに応えられる人材は限られています。特に、優れたデザインスキルを持ち、同時にビジネスやマーケティングの知識も備えた人材は希少です。

そして、優秀なデザイナーを抱えている企業はそのデザイナーの流出を阻止に努めていたり、場合によってはヘッドハントされて採用市場に出ずに転職してしまいます。

このような背景から、優秀なデザイナーの採用は難しいと言われているのです。

理由②:フリーランスとして働く人が増えているから

デザイナーの採用が難しい理由の2つ目は、フリーランスとして働く人が増えているからです。

近年、柔軟な働き方やプロジェクト単位の仕事が求められる傾向が強まり、多くのデザイナーがフリーランスとして活動しています。

フリーランスの魅力は、自身のスケジュールを管理できることや複数のプロジェクトに関われることです。そのため、企業が正社員でデザイナーを採用したい場合は、フリーランスの案件に負けないぐらい魅力的なオファーを提示することが必要です。

理由③:デザイナーの転職方法が多様化してきているから

デザイナーの採用が難しい理由の3つ目は、デザイナーの転職方法が多様化してきているからです。

従来の採用活動は求人広告や人材紹介会社を通じての転職が一般的でしたが、現在ではSNSやデザイナー専門の求人サイト、ポートフォリオサイトなどを活用した直接のアプローチが増えています。

そのため、優秀なデザイナーはSNSなどを通じて自身のスキルや作品を積極的にアピールし、企業から直接オファーを受けて転職することが増えているのです。

これらに対応するためには、企業側も新たな採用戦略やアプローチを考える必要があるのです。

デザイナーの採用を成功させるポイント4選

続いては、デザイナーの採用を成功させるポイントを4つ解説していきます。

ポイント①:デザイナーが魅力に感じることを把握する

デザイナーの採用を成功させるポイント1つ目は、デザイナーが魅力に感じることを把握することです。

優秀なデザイナーは、自身のスキルや才能を活かせる環境やプロジェクトに魅力を感じます。そのため、企業側は求職者のニーズや志向を理解し、魅力的な職場環境やプロジェクトの情報を提供することが必要です。

企業の文化や価値観、プロジェクトの内容や雰囲気などを色々な方法で訴求しましょう。

積極的な情報発信や対面イベントなどでのオープンなコミュニケーションを通じて、企業とデザイナーの間で相互理解を深めることが、採用成功の鍵となるのです。

ポイント②:どんなデザイナーが必要なのかを明確にしておく

デザイナーの採用を成功させるポイント2つ目は、どんなデザイナーが必要なのかを明確にしておくことです。

自社が求めるデザイナー像を明確に定義することで、採用プロセスが効果的に進行し、適切な候補者を見極めることが可能となります。

明確な求人要件や役割を明確にしておくことは、採用担当者だけでなく、応募者側からしても、求められるスキルや経験を把握しやすいです。

例えば、UI/UXデザイナーを求める場合は、ユーザビリティの理解やデザインツールの熟練度、ユーザーインターフェースの設計経験などを明確に記載しておくことが重要です。

ポイント③:コミュニケーション能力の有無を確認する

デザイナーの採用を成功させるポイント3つ目は、コミュニケーション能力の有無を確認することです。

プロジェクトの進行やアイデアの共有、フィードバックなど、クライアントやチームメンバーとの円滑なコミュニケーションがデザイナーの仕事では必要不可欠です。そのため、デザイナーの仕事では一定のコミュニケーション能力が求められます。

具体的には、過去のプロジェクト経験やチームワークに関する質問を通じて、応募者のコミュニケーション能力を把握することも重要です。

コミュニケーション能力が高いデザイナーを採用することで、チーム内での協力や意見の交換がスムーズに行われ、プロジェクトの品質向上に繋がるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

ポイント④:デザイナー採用に強い採用媒体を利用する

デザイナーの採用を成功させるポイント4つ目は、デザイナー採用に強い採用媒体を利用することです。

採用媒体は多岐にわたりますが、デザイナー専門の求人サイトやコミュニティ、ポートフォリオサイトなど、デザイナーが集まるチャネルを利用することが重要です。

デザイナー採用に強い媒体を活用することで、効率よく優秀な人材にアプローチすることができます。

デザイナーの採用を実施する手順

続いては、デザイナーの採用を実施する手順を解説します。この手順に沿って採用を実施することで、優秀なデザイナーを効率的に採用できる可能性がグッと高まるため、ぜひご覧ください。

手順①:採用計画を立案する

デザイナーを採用するにあたって、まずは採用計画を立案しましょう。

採用計画では求めるデザイナー像の明確化、募集方法や採用スケジュールの決定、採用予算の確保などが含まれます。

また、採用計画は採用担当者だけでなく採用を行う現場の社員や役員との共有も重要です。

手順②:採用ペルソナを明確にする

採用計画を立案したら、次は採用ペルソナを明確にしましょう。

採用ペルソナとは、求めるデザイナー像を具体的に描き出した理想の候補者像のことです。求めるスキルや経験、性格や価値観などをまとめ、実際に存在する1人の人間(ペルソナ)を作り出します。それに基づいて応募者を選考することが重要です。

選考を行いながら、逐一採用ペルソナ像と一致しているかの確認を必ず行いましょう。

手順③:母集団形成を行う

採用計画や採用ペルソナが決まったところで、母集団形成を行います。

母集団形成とは、求人広告の掲載やSNSを活用した情報発信、デザイナー向けの専門サイトやイベントへの参加などが含まれます。色々な方法で母集団形成を行うことで、多彩なバックグラウンドや経験を持つ候補者を効率的に集められます。

なるべく多くのチャネルで発信することで、多くのターゲットの目に留まるようにしましょう。

手順④:選考を行う

有効な応募が集まったら、選考を実施します。

ここで注意すべきことが、あらかじめ明確な選考基準を設けておくことです。

特に面接は、面接官の主観が採用判断に影響を及ぼすことがあります。その場合、担当した面接官によって採用する人材の基準にブレが生じ、属人的な選考が行われてしまう可能性があります。

そのため、明確な選考基準をあらかじめ設定しておき、どの面接官が面接を行っても、採用ペルソナや選考基準から外れないような人材を通過させるような仕組みを整えておきましょう。

また、選考を行う過程で、採用計画やペルソナを修正する必要がある場合には、柔軟に対応するようにしましょう。

デザイナーの採用に効果的な手法

最後に、デザイナーの採用に効果的な手法を解説していきます。

デザイナーの採用に効果的な手法は、以下の通りです。

手法①:エージェント

デザイナーの採用に効果的な手法の1つ目は、エージェント(人材紹介)です。

エージェントは、豊富なネットワークと業界知識を活用して企業の具体的なニーズに合致する人材を紹介してくれます。そのため、企業は自社での求人活動や候補者のスクリーニングなどの手間を省くことができます。

また、エージェントは候補者のスキルだけでなく、企業文化に合致するかどうかも考慮してマッチングを行います。この過程は、特にデザイン業界のように専門性が高く、クリエイティブな才能が重視される分野において、採用成功率を高めるために極めて有効です。

このように、企業はエージェントを利用することで、時間とリソースの節約しながら自社にマッチした質の高いデザイナーを採用できるのです。

手法②:SNS

デザイナーの採用に効果的な手法の2つ目は、SNSです。

多くのデザイナーは自分の作品を展示し、他のデザイナーと交流する場としてSNSを利用しています。そのため、企業はSNSを利用することで、デザイナーのポートフォリオを確認することができます。

また、SNSを通じて企業は自社のブランドや文化を発信し、求職者にとって魅力的な職場環境をアピールすることが可能です。さらに、企業はSNS上でデザイナーと直接やりとりすることで、その人物の性格も事前に把握可能です。

加えて、特に若い世代のデザイナーたちはSNSでアクティブに活動しているため、若手の有望なデザイナーを採用したい場合には、SNSは非常に有効な手段となります。

このように、企業はSNSを活用することで、優秀なデザイナーを見つけ出すことができるのです。

手法③:求人媒体への掲載

デザイナーの採用に効果的な手法の3つ目は、求人媒体への掲載です。

求人媒体への掲載はありふれた手法である一方、媒体の選定を間違えさえしなければ大きな費用対効果を得ることができます

特に、特定のスキルや経験を持つデザイナーを採用したい場合、求人広告は有効です。なぜなら、求人広告では具体的な職務内容、求める技能、労働条件などを詳細かつ明確に伝えられるからです。

求人広告は企業と応募者との最初の接点となるため、内容を魅力的かつ詳細に記入することで、質の高い候補者を大量に獲得するチャンスが広がります。

このように、企業は求人媒体への掲載を通じて、自社が求めるスキルの高い優秀なデザイナーを採用できるのです。

手法④:ダイレクトリクルーティング

デザイナーの採用に効果的な手法の4つ目は、ダイレクトリクルーティングです。

ダイレクトリクルーティングは、企業の採用担当者や専門のリクルーターが、業界イベントWebサイト、SNSなどを通じて、候補者に直接コンタクトを取る手法です。

ダイレクトリクルーティングの主なメリットは、候補者に直接アプローチすることで、現在の職務状況やキャリアプランを把握できることです。これにより、企業側は自社が提供する機会が候補者の描くキャリアビジョンとどのように一致するかを具体的に説明できるようになります。

手法⑤:採用代行(RPO)

デザイナーの採用に効果的な手法の5つ目は、採用代行(RPO)です。

採用代行は、専門の人材紹介会社が企業の採用業務を代行するサービスです。採用代行を利用することで、企業は採用プロセスの一部または全体を外部に委託することで、時間と労力を節約し、高品質な候補者を獲得できます。

なお、弊社ミギナナメウエでも、採用コンサルティングサービス「即戦力PRO」を展開しております。「即戦力PRO」は、20万件以上のデータと検証により確立したノウハウをもとに、戦略設計支援から選考管理まで、面接以外の採用業務を一気通貫でサポートするサービスです。

人事を一人雇用するよりもリーズナブルな価格で、最短3ヶ月から利用可能なため、採用に課題を抱えていらっしゃる方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

まとめ

今回は、デザイナーの採用に関して解説しました。

デザイナー採用の難易度は高いですが、ポイントを抑えれば、優秀なデザイナーを効率的に採用することは不可能ではありません。

デザイナー採用に取り組まれる企業の担当者様は、本記事を参考にして、ぜひデザイナーの採用を強化してみてください。

\採用課題は「即戦力RPO」にご相談ください/

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

採用課題は

\「即戦力RPO」にご相談ください

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次