【人事向け】Wantedly(ウォンテッドリー)の使い方は?運用のコツや他媒体との違い

Wantedly(ウォンテッドリー)は、給与や待遇よりもやりがいや環境を重視し、自己実現の場(新しい職場)を提供する採用広報ツールとして注目されています

転職意思の強い転職顕在層はもちろん、転職潜在層も多く登録しており、簡単に多くのユーザーと接点を持つことができる媒体として、採用担当者の関心を集めています。

Wantedlyは他の求人サイトとは一風変わったサービスなので、実際採用においてどのように役立つのか、その仕組みや機能について興味を持っている方も多いでしょう。

この記事では、Wantedly(ウォンテッドリー)の特徴や利点、採用を成功させるための使い方を詳しく解説しています。本記事を読み終わる頃にはWantedly(ウォンテッドリー)の概要や特徴を理解し、自社に適したサービスかどうか判断できるでしょう。

目次

Wantedlyとは

Wantedly(ウォンテッドリー)は、ビジネスSNSとして、日本で高い信頼性を持ち、ユーザー数は350万人を超えています(2023年5月時点)。

この採用プラットフォームの大きな特徴は「カジュアル面談」という、面接ではなく「カジュアルに企業と求職者でお互いの理解を深める面談」としてハードルの低い接触ができることです。

カジュアル面談は評価の場ではないので、求職者は会社の雰囲気や文化をよりリアルに把握することができ、企業はよりフランクに企業の魅力を伝えることができます。

 また、運営会社であるウォンテッドリー株式会社が掲げる「シゴトでココロオドルひとをふやす」というミッションをもとに、Wantedlyは企業のミッション/ビジョン/バリューなどの「想い」を多角的に発信し、それに「共感」した人が応募できるような仕組みになっています。

wantedlyの概要

まずはじめに、Wantedlyの登録者データや登録企業の傾向・導入する際の料金プランなど基本的な情報をご紹介していきます。

登録者

Wantedly(ウォンテッドリー)は学生から社会人まで幅広い世代が登録していますが、特に20-30代のIT人材が多く、エンジニアやデザイナー、セールス、マーケティングなど、幅広い職種のユーザーが350万人以上が登録しています。

登録企業

「想い」を伝えて採用するという媒体であるという特徴から、社内文化の強いベンチャー企業やスタートアップの登録が多いものの、20-30代のIT人材の登録が多いためIT企業もかなり登録しており、2023年4月現在では合計43,000社以上の企業がWantedlyを導入しています。

料金形態

Wantedlyは月額制の報酬形態で、何人採用しても成果報酬なし、ミニマムプランだと最低月額約5万円から利用できるため、他の採用媒体や採用系のサービスと比べて圧倒的に低いコストで導入することができます。

Wantedlyのプラン

Wantedlyには基本的に3つのプランとプラスのオプションメニューがあるため、以下では各プランで何が出来るのかを説明します。(全てのプランで募集記事の掲載数は無制限です)

①ライトプラン

・募集記事(求人)、ストーリー(ブログ)記事の掲載

・管理者として、15名まで登録可能

・プレミアムスカウトは無制限

②スタンダードプラン

・募集記事、ストーリー記事の掲載

・管理者として、30名まで登録可能

・プレミアムスカウトは無制限

・有料ダイレクトスカウト

③プレミアムプラン

・募集記事、ストーリー記事の掲載

・管理者登録が無制限

・プレミアムスカウトは無制限

・有料スカウトメッセージ機能

(スタンダードプランよりスカウト本数が増加)

Wantedlyを利用するメリット

Wantedlyは、他の採用プラットフォームとは全く違う独自のコンセプトなので、他媒体ではなくWantedlyを利用するメリットは非常にたくさんあります。

「想い」で採用できる

1つ目の利点は、企業のビジョンに共感する人材と直接的な接点を持ち、給与などの条件ではなく「想い」で採用がきる点です。

Wantedly(ウォンテッドリー)は、企業やそのビジョンに対する理解を深め、相互の興味を引き出すことを重視しています。これにより、共感をもとにした採用を実現しています。

共感採用のメリットは、短期的には給与の減額にも関わらず入社を希望する人材を吸引できる可能性があります。また、長期的な視点では離職率の低下が期待されます。転職後、新しい職場で文化や社風の違いに適応できずにすぐに辞めてしまうケースはよく見られます。こうした状況で共感採用が重要になります。企業の文化やビジョンを理解して入社すれば、離職率の低下に寄与するでしょう。

ただし、単に採用すればよいのであればどの媒体でも問題ないかもしれません。しかし、転職後の離職率を削減するという観点では、Wantedlyのようなカジュアルなコンタクトが可能なビジネスSNSが大きな利点を持っています。

採用コストを抑えられる

Wantedly(ウォンテッドリー)は、プラン利用料を支払えば、初期費用や成果報酬なしでサービスを利用できる低料金のサービスです。

例えば、スタンダードプラン半年利用の場合、60万円となりますが、その間に1名採用しても5名採用しても同じ価格です。(正確な料金は変更されることもあるため、詳細はお問い合わせください)

例えば、年収500万円のエンジニアをエージェント経由(成果報酬費30%)で採用した場合、150万円の費用がかかります。年間で契約していても、そこから1名でも採用できれば採用コストを抑えることができたということになります。

Wantedlyの費用については、下の記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

2-30代の若手IT人材が多く登録している

前述に記載した通りWantedlyに登録している層は20代の若手の層が大半を占めています。

よってこの層を採用したい企業にはうってつけの採用チャネルになります。

採用後のミスマッチが起こりづらい

従来の採用手法では、福利厚生や勤務時間などの情報に基づいてエントリーするため、実際の社風や働く環境を知らないまま入社することがあり、ミスマッチが生じやすい傾向があります。

Wantedlyでは、企業の「理念」「価値観」「社風」をオープンにしており、これらを知った求職者が興味を持ち、関心を抱いてエントリーしてくれます。

そのため、入社前や入社後のギャップが少なくなり、採用のミスマッチを減らせるとされています。

Wantedlyのデメリット

前項ではWantedlyを利用する際のメリットについてたくさんご紹介しましたが、もちろんメリットだけではありません。

そこで、以下ではWantedlyを利用する際のデメリットについてご紹介していきます。

工数が多く人的リソースが必要

Wantedly(ウォンテッドリー)を採用活動に活用するには、運用力が重要なポイントです。

このプラットフォームには、会社の日常や社員の活躍を紹介できるブログ機能があります。募集だけでは伝わりにくい企業の魅力や社員の魅力を、定期的な投稿を通じて外部に伝えることができます。

毎日の更新が難しい場合でも、週に1回から月に1回の頻度での投稿でも十分です。これによって、自社の雰囲気や価値観をアピールしましょう。

また、Facebookへの投稿も可能であり、ここから社員や友人に応援(シェア)してもらうことで、情報をより迅速に拡散させることができます。特にFacebook広告を利用すれば、幅広いセグメントでターゲットを選定でき、自社を効果的にアピールできます。

ただし、Wantedly(ウォンテッドリー)は求人を作成したら終わりではありません。求人を作成した後も、コツコツと運用していく必要があります。この運用には時間的なコストがかかりますが、その努力がコストに見合った成果を生み出し、多くの企業が活用している理由です。

自社の魅力分析が必要

「理念」「価値観」「社風」を押し出せず魅力付けが弱い場合、採用まで結びつきづらいです。

企業によっては魅力を発信できず、コンテンツが少なくなる企業も多々あります。Wantedlyは媒体の特性上各企業が自社の魅力を様々なコンテンツで発信しているためそれに負けないよう自社の魅力分析を行い、募集記事/スカウトメッセージはもちろん、会社ページやストーリーなどで多角的に自社の魅力を紹介しましょう。

wantedlyの機能と運用方法

会社ページ

Wantedly(ウォンテッドリー)を利用する際は、まずはじめに「会社ページ」を作成します。

元々作成されている簡単なフォーマットに従って、画像や文章を組み合わせるだけで、モダンで魅力的な採用ページが作成できます。このページは、自社の採用活動に活用するだけでなく、自社の採用ページとしても効果的に活用できます。

さらに、WantedlyはドメインのSEOが強いため、Wantedly内で作成した会社ページは、自社名で検索された際にGoogleの検索結果の上位に表示され求職者に見つけてもらいやすい状態を保つことができます。

募集記事

次に作成するのが「募集記事(求人広告)」です。これは、いわゆるindeedやマイナビなどにおけるキュ人のことで、募集ポジションの要件や軽い会社説明などを記載します。

Wantedlyにおいて特徴的なのが「想い」を伝えるためのフォーマットがあるということで、これに沿って自社の想いや事業を展開する背景、今回募集に行ったった経緯などを記載することができます。

また、Wantedlyには「Wantedlyの求人検索結果で上位表示されるた目のアルゴリズム」があり、募集記事に入れる言葉や「検索タブ」に入れる言葉によって候補者に見つけてもらえる可能性がグッと高まります。

ストーリー記事

投稿記事の次に、Wantedly(ウォンテッドリー)での重要なステップはストーリー記事の投稿です。

ストーリー記事はいわば「ブログ記事」のようなもので、コンテンツに縛りがなく、非常に自由度の高い項目です。自社社員へのインタビューや経歴の紹介をするコンテンツでは、会社の文化や働く人々の姿を詳しく知ってもらえます。そして求職者はストーリー記事を通じて、自社社員の考え方や働き方に触れることができます。

例えば、​​新プロジェクトで目標を達成した活躍している社員のストーリーを伝え、彼らの仕事への熱意や成果をアピールできます。また、役員のストーリーを通じて、会社の成長や考え方、今後の展望を伝えることで、候補者に共感や働きがいを伝えることができます。

このように、ストーリー機能は会社の社風や社員の個性を伝えることができるため、Wantedlyは掲げる「共感型採用」に繋がり、採用ミスマッチを減らす一助となります。

応援

「応援」は、公開した募集ページをSNSで広く拡散する機能です。この機能を使って、多くの人に募集を知ってもらうことで、候補者との接点を増やせます。応援されることで、Wantedly以外のSNS利用者にも情報が届くようになり、Wantedly上での露出も向上します。そのためには、公開後に社内メンバーに応援の協力を依頼し、広く周知することが重要です。

さらに、多くの応援を獲得した募集は、募集一覧ページで上位に表示されるため、注目を集めやすくなります。この好循環を活かすために、積極的に応援を集める取り組みを行いましょう。(1日に1回の応援が可能です。)

ダイレクトスカウト

Wantedlyではダイレクトリクルーティングができる「スカウトメッセージ」の機能があります。

ダイレクトリクルーティングを行う際には、「開封したくなるタイトル」と「スカウト文の構成や表現」にどこまでこだわるかが重要です。

ユーザー一人ひとりに同じような文面を送っていると、受け取る側からすぐに見破られてしまいます。相手のプロフィールを確認し、次の2点を具体的に盛り込んでください。

  • スカウトを送った理由
  • なぜそのユーザーの経歴やスキルがマッチするのか

また、プロフィールを読み込んでいることが伝われば、返信率は飛躍的に上がるはずです。そのため、文面作成に時間をかけることも重要ですが、あらかじめテンプレを作成し、それをベースに個々のユーザーに合わせてカスタマイズすることで、効率的にスカウト文面を作成できます。

wantedlyの注意点

給与面の記載ができない

Wantedlyでは共感を持ってもらい採用まで繋げていきます。

また、給与や福利厚生を記載することができないのでいかに「会社の魅力」を伝えられるかが大きなポイントになります。

一般的な求人広告ではない

Wantedly(ウォンテッドリー)での募集記事作成においては、通常の求人サイトとは異なり、給与や待遇の詳細は記載できません。

代わりに、会社やチームの魅力、仕事の魅力を的確に伝えることが求められます。多くのユーザーは外部SNSからWantedly(ウォンテッドリー)を訪れるため、特に広告を展開するSNSではこの要素が際立ちます。

ですから、堅苦しく形式的な内容よりも、自社の魅力を伝えるブランディング的なアプローチが重要です。投稿やスカウトの際に、自社の魅力を存分にアピールすることを心掛けましょう。

Wantedlyで採用を成功させるコツ

Wantedlyは工数がかかる上に、他の採用手法や求人広告とは毛色が異なるため、きちんと成果を出すにはいくつかの「コツ」があります。

自社の魅力分析をする

自社の魅力を十分に理解するためには、いくつかの重要なポイントを押さえることが大切です。

  • 会社の理念やミッション
  • 業界における自社サービスの立ち位置
  • 社内文化やメンバーの魅力

上記などを明確に把握することが重要です。これらの要素を文面に落とし込むために、採用担当者だけでなく、現場のスタッフとのヒアリングや情報共有が必要です。そうすることで、ユーザーに対して自社の魅力を正確に伝えることができます。

SNSと並行して利用する

Wantedlyは、「応援」機能をはじめ、どのコンテンツもSNSで拡散することによってPV数に影響し、それが連鎖的に募集記事の上位表示などに繋がったりします。

まとめ

この記事では、Wantedly(ウォンテッドリー)の独自性や利点、採用時の留意点について紹介しました。

Wantedly(ウォンテッドリー)は他の求人サイトとは異なる特性を持っています。その特性や利点を理解し、適切に活用することが肝要です。また、このプラットフォームを活用するにはリソースが必要であり、時には現場の社員からの協力も欠かせません。

当社では、Wantedly(ウォンテッドリー)はもちろん、あらゆるスカウトメディアの導入検討から運用までを包括的にサポートしています。採用にお悩みの際は、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次