リクナビHRTech転職スカウトとは?ダイレクトリクルーティングにおけるメリットや特徴を解説

今回は、ダイレクトリクルーティングにおいて役立つツールとして「リクナビHRTech転職スカウト」を紹介します。

採用担当者や人事の皆さんは、「これからの採用はダイレクトリクルーティングだ」という言葉を聞くことが増えているでしょう。しかし、「そもそもダイレクトリクルーティングって何から始めればいいんだろう?」という疑問の声もよく耳にします。

そこで今回は、株式会社リクルートホールディングスが提供している業界最大級のユーザー数を誇る「リクナビHRTech転職スカウト」について、どのような特徴があるのか、費用感や料金プランなどもあわせてご紹介します!

目次

リクナビHRTech転職スカウトを利用したダイレクトリクルーティングとは?

そもそもダイレクトリクルーティング(スカウト採用)とは?

では、今回は「リクナビHRTech転職スカウト」に焦点を当て、ダイレクトリクルーティングの重要性やそのメリットについて掘り下げていきます。

「ダイレクトリクルーティングって何?」という疑問がある方もいるかもしれませんが、簡単に言えば、企業が人材紹介会社や求人サイトを介さずに、直接採用候補者と接触し、採用する手法のことです。採用コストの削減やミスマッチの防止など、そのメリットは大きいです。

人材紹介会社を通すことでかかる手数料がなくなり、企業はコスト削減につながります。また、直接やり取りすることでミスマッチを未然に防ぎ、従業員の離職率も低下します。このように、コストパフォーマンスが高い採用手法として注目されています。

しかし、日本企業においてはまだまだ浸透していないのが現状です。一因として挙げられるのが、「忙しい」という理由です。多くの企業が手を付けておらず、始めようとしても上手くいかないという事例が多いです。

そこでお勧めするのが、「少しずつダイレクトリクルーティングっぽいことから始めてみる」というアプローチです。まずは「ソーシング(採用候補者を探すこと)」の部分から着手し、徐々に取り組んでみることで、効果を実感しやすくなります。

そのためにも、「リクナビHRTech転職スカウト」は最適なツールなのです。

リクナビHRTech転職スカウトについて

リクナビHRTech転職スカウトは、リクナビを提供するリクルートホールディングスが提供するサービスの一環です。このサービスは、AIの活用が進む現代において、採用プロセスにおけるAIの力を最大限に引き出すことを目的としています。

リクナビHRTech転職スカウトでは、企業がAIを活用して直接スカウトを行うことができます。その結果、平均的な応募率が約2倍に向上し、面接実施人数も平均で約20%アップするとされています。このサービスは導入企業が2万社以上に及び、リクルートエージェントとの契約があれば無料で利用できます。

次に、リクナビHRTech転職スカウトの具体的な特徴に焦点を当て、ダイレクトリクルーティングとの相性について詳しく見ていきましょう。

リクナビHRTech転職スカウトの特徴5選

業界最大のユーザーデータ数

採用ソーシングにおいて、人材データベースの規模は非常に重要です。探している人材が限られたデータベースでは見つけることが難しいでしょう。しかし、リクナビHRTech転職スカウトは、業界最大級のデータベースを誇りますので、その心配はいりません。

リクナビHRTech転職スカウトのデータベースは、リクルートエージェントとリクナビNEXTのデータベースがベースとなっています。リクルートエージェントは2017年度において約64万3,000人の登録者数を有し、リクナビNEXTは2018年3月時点で約786万人の会員数を抱えています。これらのデータをベースにしているため、最低でも786万人分のデータがリクナビHRTech転職スカウトのデータベースに存在していると言えます。

このような膨大なデータベースがあれば、求める人材を見つける可能性が高まります。データベースの規模が大きいことは、リクナビHRTech転職スカウトの優れた特長の一つと言えるでしょう。

AIが自社におすすめの候補者を毎日ピックアップ

膨大なデータベースは魅力ではありますが、その中から目的の人材を見つけるのは一苦労です。しかし、リクナビHRTech転職スカウトを利用すれば、その心配はありません。

このサービスはAIが日々貴社にぴったりの人材をレコメンドしてくれます。レコメンドされた候補者のキャリア情報を確認し、興味があればワンクリックでスカウトメールの自動送信まで完了します。これにより、忙しい中ダイレクトリクルーティングを導入できていない人事・採用担当者でも、ちょっとした時間に手軽に利用できるようになります。

リクナビHRTech転職スカウトは、簡単な操作で効率的なスカウトが可能となり、採用プロセスをスムーズに進める手助けとなるでしょう。

完全成果報酬型でリスクが低い

「リクナビHRTech 転職スカウト」は利用料が無料で初めて採用が成功した時点で発生する「完全成功報酬型」なので、月額制の求人媒体などに抵抗感を持っている企業でも導入しやすいです。

必要に応じてスカウト〜選考をサポートしてもらえる

AIのレコメンドとワンクリックでのスカウトメールは便利ですが、それでも忙しいと感じる方には、リクナビHRTech転職スカウトとリクルートエージェントを組み合わせて活用することをおすすめします。

リクルートエージェントは面接の日程調整や入社までのフォローをサポートしてくれるため、ダイレクトリクルーティングにおいて人事・採用担当者の負担を軽減します。

リクナビHRTech転職スカウトは、ソーシングの部分だけを自分で手掛ける際の強力なツールとして活用できます。これにより、採用プロセスをスムーズに進めながら、効率的にダイレクトリクルーティングに取り組むことが可能です。

継続利用することでより採用効果が上がる

AIは経験を積むごとに学習し、リクナビHRTech転職スカウトもその例外ではありません。

継続して利用することで、どのような人材がスカウトメールの対象になりやすいのか、逆になりにくいのかといったパターンをAIが学習し、その結果、レコメンドの精度が向上していきます。

AIによるレコメンドが正確でなければ、そのサービスの本質的な意味はありません。初めてリクナビHRTech転職スカウトを利用した際には、レコメンドが微妙に感じられることもあるかもしれません。しかし、長期的にサービスを活用することで、AIの学習によりレコメンドが徐々に適切になり、面接数や採用数が増加する傾向にあります。

リクナビHRTech転職スカウトを活用することで、AIが日々進化し、企業のニーズに適した人材をより効率的に見つけ出すことが可能となります。

リクナビHRTech転職スカウトでダイレクトリクルーティングを成功させるポイント

先ほどはリクナビHRTech転職スカウトの特徴についてご紹介しましたが、これでツールの概要が理解できたことでしょう。 興味津々で「使ってみたい!」と感じる方も多いことでしょう。では、実際にリクナビHRTech転職スカウトをダイレクトリクルーティングに活用する際のポイントをしっかりと押さえておきましょう。

利用頻度を増やしてAIの学習精度を高める

利用することの重要性を再強調します。一見当たり前のことかもしれませんが、「ダイレクトリクルーティングしているのに成果が上がらない」と感じる企業は、実は「スカウトメールを積極的に送っていない」という場合が多いのです。

改めて強調しますが、まずは積極的にリクナビHRTech転職スカウトを活用しましょう。

AIが毎日送るレコメンドメールに対して、人間が反応していなければ、AIもそのレコメンドの評価を行うことができません。毎朝の出社後、ランチタイム後、帰宅前など、自分の日常リズムにリクナビHRTech転職スカウトを組み込んで、積極的な利用を心がけましょう。

ユーザー検索で的確な絞り込みを行う

リクナビHRTech転職スカウトではAIによるレコメンド機能だけでなく、ユーザー検索によっても人材を発見することが可能です。この機能の追加・改善は、企業が単にAIのレコメンドを待つのではなく、自ら積極的に人材を見つけたいという要望に応えた結果です。

ただし、人間が検索する場合は、具体的な人材のイメージを持つことが欠かせません。AIが自己学習し精度を向上させるのに対抗するためにも、人間も検索スキルを向上させる必要があります。リクナビHRTech転職スカウトを最大限に活用するには、検索においても熟練度を高めることが大切です。

エージェントと必要十分なやりとりを行う

リクナビHRTech転職スカウトは、ダイレクトリクルーティングを完全に実現するツールではありませんが、むしろその入門編として、特にソーシングの段階で有用なツールと言えます。従って、主にエージェントを介した採用が中心となるでしょう。

すべての採用活動を社内で完結させずにエージェントと連携するためには、密なコミュニケーションが欠かせません。最新のレコメンドの傾向や、どのような人材からの応募が増えているかなど、リクナビHRTech転職スカウトを通じて得られた情報をエージェントと共有し、採用活動全体の改善に協力し合う姿勢が重要です。

リクナビHRTech転職スカウトの導入をおすすめする企業のポイント

幅広い職種・ポジションの人材を採用したい企業

1つ目は、「幅広い職種・ポジションの人材を採用したい企業」です。業界最大レベルの人材データからターゲットを探すことができるため、他のスカウト媒体と比較して圧倒的に幅広い職種やレイヤーの人材にアプローチすることができます。

ポジションやレイヤーごとに専門のスカウト媒体を提供している企業もありますが、媒体を増やしたくない企業や「とりあえず何か1つ使ってみたい」という企業におすすめです。

リクナビHRTech転職スカウトのような「ダイレクトリクルーティング(スカウト採用)」に特化した他の媒体については下の記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

4.2.スカウト採用で今まで成果が出なかった企業

スカウト採用(ダイレクトリクルーティング)は、直近でかなり有名になっている採用手法ですが簡単な採用手法というわけではありません。

すでに実感している採用担当の方も多いかと思いますが、スカウト採用を行う際は

  • 適切なスカウトターゲットを絞り込む
  • ターゲットに刺さるスカウトメッセージを作成する
  • スカウトに紐づける求人を作成する
  • 2~4回の再送を行う
  • 離脱されないよう返信対応をする
  • 開封率や返信率を見て数値分析、改善施策

など、多くのステップがあり、そのどれもに調査や仮説立てが必要になります。そのため、 一度行っても採用できずに失敗してしまうケースも少なくありません。

そんな方にも、エージェントによるサポート体制が整っている「リクナビHRTech転職スカウト」をおすすめします。

4.3.リスク低く新しい採用手法を試してみたい企業

リクナビHRTech転職スカウトの最大の利点とも言えるのが「完全成果報酬制」であるということです。

言葉の通り、成果が出る(採用に成功する)まではコストが発生しないので、自社の人的リソースのみという超低リスクで導入することができます。

そのため、採用手法は増やしたいものの失敗するリスクが怖い、費用面で決済者を説得することができないという方にはぜひ検討していただければと思います。

5.リクナビHRTech転職スカウトでダイレクトリクルーティングするなら

今回はリクナビHRTech転職スカウトに焦点を当ててご紹介しました。採用活動を一気に社内で完結させることは容易ではありませんが、採用プロセスを効果的に変革したい方や、すでにリクルートエージェントを活用している企業にとって、リクナビHRTech転職スカウトの活用は一考の価値があります。

また、「ソーシング」の一環としてだけでなく、本格的なダイレクトリクルーティングを実践したい人事・採用担当者には、LinkedIn(リンクトイン)がおすすめです。当社はLinkedIn(リンクトイン)の正規代理店として、LinkedInを活用した採用やダイレクトリクルーティング(ダイレクトソーシング)に関するサポートを提供しています。LinkedInやダイレクトリクルーティングに興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次