採用管理システム「ATS」とは?採用活動のDX化に最適なツール!

「ATS」とは採用管理システムの一つで、採用活動における応募者や求人票、選考フローを一元管理できる便利なサービスです。作業効率が上がるため採用人数が多くなったり、複数の職種を募集したりする企業にとっておすすめです。

そこで本記事ではATSの詳細や、企業別のおすすめATSサービスを紹介していきます。これからATSの運用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

\採用課題は「即戦力RPO」にご相談ください/

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

採用課題は

\「即戦力RPO」にご相談ください

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

目次

ATSとは採用管理システムのこと

ATSとはApplicant(応募者)Tracking(追跡)System(システム)の略で、自社の求人へ応募した求職者の受付、連絡や選考フローを効率化してくれる採用管理システムサービスのことです。

さらに採用活動に関するデータをシステム上で管理するため、課題や改善点が可視化される点もメリット。単なる業務効率化にとどまらず、管理された情報を分析することで、採用ノウハウを自社に蓄積できます。

ATSでできることとは?

ツールにもよりますが、基本的にATSには様々な機能が搭載されており、採用活動を効率よく進められます。具体的にATSでできることは以下の通りです。

求人データの一元管理

ATSでは自社ページ、各求人媒体の求人情報をシステムで一元管理できます。多くの媒体を利用したり、複数ポジションの求人がある企業は、ツールで一元管理すると作業効率をかなりアップさせることができます。

特に複数の求人媒体を取り扱っている企業は、各媒体ごとの情報が横断しているため管理が大変という声もよく聞きます。せっかく複数の求人媒体を使用していても、きちんと情報管理ができないと有効活用できません。

ATSを導入すれば過去掲載した求人のデータも記録できるため、その後の採用における戦略立案にも役立ちます。

応募者の情報管理

次にATSでできることとは、応募者の管理です。応募者の経歴書、履歴書などをシステムで保管できるため、気になる人材の情報をいつでも確認できます。

採用活動において、応募者の情報管理は極めて大切なポイント。自社が求める人材にマッチしているのか、どんなスキルや経験があるのかを一目で確認できるため、より効率的で質の良い採用活動にも繋がるでしょう。

個人情報の取扱いという点においてもATSは便利です。システム内で閲覧制限をかけることで個人情報の流出といったリスクを未然に防ぐことができます。応募者数は獲得できるものの、問い合わせが多すぎるあまり情報を管理ができないという企業にも、ATSの導入はおすすめです。

選考フローの管理

ATSでは応募者ひとりひとりの選考状況をシステム上で追跡できるため、各求職者がどの選考フェーズに進んでいるかをひと目で確認できます。選考フローが長く面接を3回、4回と繰り返す企業は、候補者がどのフェーズまで進んでいるか、把握しきれないこともあるでしょう。

ATSをうまく活用することで選考フローを効率よく確認でき、どの人材の選考を優先するか、進捗管理がより簡単になることもメリットです。

昨今優秀な人材を必要とする企業が増えているため、確度の高い人材を優先的に選考に進めていくことが採用成功の鍵を握ります。

内定者のフォロー

最後に紹介するATSでできることは、内定者への通知やフォローです。ATSのシステムでは、内定を出した求職者にメールを送ることもでき、その履歴なども簡単に管理できます。

採用難が激化する今、内定を出した後のフォローも大切な採用業務です。欲しい人材が他の企業に流れていくことを未然に防ぐためにも、ATSを有効活用し、しっかりと連絡やフォローを行うようにしましょう。

ATSを導入するメリット

ATSは採用活動で必要な業務を効率的に進めてくれるサービスで、他にも様々なメリットがあります。ATSは単なる採用管理にとどまらず、うまく活用することで採用成功率を向上させられます。

具体的なメリットはそれぞれ以下の通りです。

採用管理の効率が上がる

最初のメリットとは、採用管理の効率が大幅に向上することです。求人票や応募者、選考フローなど、あらゆる情報をシステムで一元管理できるようになることで、確認作業や次のアクションが明確になります。今まで地味にかかっていた工数を短縮することで、採用戦略の立案や内定者フォローなど、より時間をかけたい部分に集中することができます。

内定者辞退を防げる

次のメリットは、内定辞退者を防げることです。ATSはシステム上で常に応募者の動きを追跡できます。内定を出した後、すぐに連絡を送ってフォローを行うことで、他の企業に興味を持って離脱されるのを防ぎ、自社に入社を決めてもらえる確率が高まります。

メッセージ管理もできるATSでは、対応漏れも未然に防げるため欲しい人材に漏れなくアプローチできるようになります。

エンジニアなど、優秀で市場価値が高いな人材ほど複数の内定を持っているケースが多いため、内定を出すだけでは入社に繋がらないことも少なくありません。

ATSを利用することで内定後のフォローなどで密に応募者と接点が持てるため、採用成功率の向上にも繋がります。

複数のポジションの採用が楽になる

求人票を一元管理できるATSを活用することで、複数ポジションの採用がしやすくなります。複数ポジションで採用活動を行う場合、求人票の数も比例して多くなっていくことでしょう。また、多くの求人媒体を使い分けることも少なくありません。

ATSなら複数媒体をに掲載されている求人内容も一元管理できるため、複数ポジションの採用活動が圧倒的に楽になります。さらに、一度求人票を作成すればフォーマットができるため、2つ目以降の求人票が作りやすくなることもポイントです。

求人に対しての反応に応じて他の求人票を作り変えたり、訴求を変えてみたりと、試行錯誤を考えている企業もATSを利用すればスムーズに業務を進められるでしょう。

人事の負担が減る

ATSを活用するとシステム上で情報を管理できることから、人事の業務負担が減ります。エクセルやスプレッドシートなどを使って手動でで対応していた業務も、システム上で管理できるので、かなりスムーズに業務を進められます。

また、システムで情報を管理するため、正確性も高くヒューマンエラーを事前に防げることもメリット。人事の負担が減ることで、面接に割く時間や余裕が生まれたり、より採用戦略を企画する時間を確保できたりします。

企業別おすすめのATS

ATSとひとことで言っても、いくつものサービスが存在します。一概におすすめのATSを決めることも難しいため、企業の抱える課題別におすすめのATSを紹介していきます。

応募者の母集団を形成したい企業

サービス名HERP Hire
運営会社株式会社HERP
料金記載なし

応募者数をより増やしたい企業におすすめのATSはHERP Hireです。

【HERP Hireの特徴】

  1. Slack・Zoomなど外部サービスとの連携がスムーズ
  2. 社内連携がスムーズ
  3. 約30以上の求人媒体と連携可能

HERP HireはチャットアプリのSlackやChatwork、さらにZoomなど外部サービスとの連携がスムーズです。応募者に合わせて連絡手段を自在に変更できるため、どんな方から応募が入っても、柔軟な対応ができます。

またHERP Hireでは社内一体型のスクラム採用ができます。人事や役員のみならず、現場社員と連携することで、より業務の詳細やチームの雰囲気など求職者が気になる情報を発信できます。

さらに、システム上で連携できる求人媒体は約30以上。複数の媒体を使用している企業にもおすすめのATSです。

採用管理の効率化をしたい企業

サービス名ジョブスイートキャリア
運営会社株式会社ステラス
料金月額5万円~

採用管理の効率化を検討している企業は、ジョブスイートキャリアがおすすめです。

【ジョブスイートキャリアの特徴】

  1. 契約継続率95%以上
  2. 操作が簡単
  3. 進捗管理の自動化

ジョブスイートキャリアは簡単な操作、使いやすさからデジタルにあまり強くない人事の方にもおすすめのATSです。ジョブスイートキャリアは初期設定や基本操作が簡単なため、ATSを導入する際のハードルがあまり高くないこともポイント。

またジョブスイートキャリアでは、応募受付から完了メールを自動化してくれます。その後、自動で進捗管理表の記入を自動で進めてくれるので、応募者が多い企業でも自動で進捗管理をができ、応募者とのやり取りを忘れることも防げます。

人材紹介からの応募も含めて自動管理してくれるため、応募者の管理を効率よく進めていきたい企業におすすめできます。

選考フローの管理をしたい企業

サービス名ジョブカン採用管理
運営会社株式会社DONUTS
料金・LITEプラン:月額8500円~・STANDARDプラン:3万円~

選考フローをしっかりと管理したい企業は、ジョブカン採用管理がおすすめです。

【ジョブカン採用管理の特徴】

  1. AIが自動で面接日程を調整
  2. LINEとの連携でやり取りがスムーズ
  3. 選考過程を社内共有できる

ジョブカン採用管理はシステムで日程管理をスムーズに行えます。応募者の希望日と面接官の空いている日程をAIが判断し、自動で面接日を決めてくれる便利なATSツールです。また、その後のやり取りはLINEでできるため、応募者の離脱を防ぎやすい点もメリット。

さらに一元管理された情報は社内全体で共有できるため、採用を行う事業部長など、各ポジションのメンバーと協力して採用活動を進めやすいです。現場メンバーも積極的に採用に協力してくれる企業であれば、ジョブカン採用管理の恩恵をより感じやすいでしょう。

日々多くの応募者と面接や面談を行っていて、なかなか選考フローの管理が難しい企業は、ジョブカン採用管理を導入することでストレスを軽減できるかもしれません。

採用工程の分析をしたい企業

サービス名sonar ATS
運営会社Thinkings株式会社
料金・基本プラン:2万2000円~※オプションにより変動

採用工程を可視化し、より分析を高めていきたい企業は、sonar ATSがおすすめです。

【sonar ATSの特徴】

  1. 採用工程の可視化ができる
  2. シミュレーションシステムが優秀
  3. 採用の流れをフロー図にできる

sonar ATSは数あるATSの中でも、分析能力に長けたサービスです。応募者数や選考通過数など、採用活動に必要なデータを可視化でき、複雑な選考フェーズもフロー図にまとめることで、わかりやすく情報を管理できます。

また採用活動におけるKPIを設定し、数値を入力することで採用人数のシミュレーションも可能。目標人数から逆算して応募者数をどれくらい集めるべきかなど、採用工程をより詳しく分析できることが大きなメリットです。

すでに応募者数も確保できて、内定者フォローも行っていても採用がうまく行かない企業は、sonar ATSで現状を分析し、問題点を探していくと良いでしょう。

ATSは効率の良い採用管理につながる

ATS(採用管理ツール)はあらゆる採用情報をシステムで一元管理できるため、応募者とのやり取りや内定フォロー、面接の日程調整など採用活動に必要なアクションを効率よく進めていけます。人事に係る負担や時間を削減することで、ゆとりのある採用活動も実現可能。

採用人数が多くて情報管理が大変だったり、人事の人数が少なくできるだけ業務をデジタル化したいと考えている企業は、ATSを導入してみるとよいでしょう。

\採用課題は「即戦力RPO」にご相談ください/

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

採用課題は

\「即戦力RPO」にご相談ください

独自に収集した20万件以上のデータを元に

320社以上の採用を支援

採用戦略設計・採用媒体のアルゴリズムハック・スカウト業務・人材紹介会社の統括・採用広報など、貴社のニーズに合わせてあらゆるソリューションを全て高品質で提供します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次