【GMOリサーチ&AI株式会社様】エンジニア採用において即戦力RPOのコンサルティングを活用した感想とは

業界最大級のパネルネットワークと技術力を背景に日本・アジアを中心にグローバルに市場調査・マーケティングを行っているGMOリサーチ&AI株式会社様。

「想いを、世界に」というフィロソフィーのもと、アジアで業界最大規模のマーケティング・ソリューション・プラットフォームである「ASIA Cloud Panel」を活用したサンプルパネル(※1)提供など、様々なマーケティング支援を行っています。

そんな同社が弊社の即戦力RPOのコンサルティングサービスを導入いただいた感想を、CTOの安藤様に詳しく伺いました。

(※1)パネル:パネルとは、アンケート協力の承諾を得ている会員(モニター)の集合体

目次

抱えていた採用課題にフィットする支援内容に惹かれ、導入を決定

ー実際にご依頼いただいた当時の採用状況を教えていただけますでしょうか?

当時、採用活動については担当者が変わったタイミングだったのですが、新任の担当者はエンジニア採用は未経験でした。

そのためCTOの私が、担当者にナレッジを共有しつつ直接エンジニア採用活動を行っている状況でした。

しかし、私も専任の採用担当者ではないので採用に割けるリソースがあまりなく、困っていました

ー即戦力RPOを導入していただいたきっかけを教えていただけますでしょうか?

こういった課題が出てきたタイミングで、井上さんから代表の細川宛てにご連絡をいただいていて、特定の業務代行ではなく採用業務自体をサポートしてくれるサービスというお話しだったので、導入を検討しはじめました。

また、弊社がWantedlyを使って採用をしていたのですが、Wantedlyの運用方法についてもノウハウを持っていらっしゃるということだったので、それが最終的な決め手になりました。

通常のプランがある中で弊社用に支援内容をカスタマイズしていただいて、弊社に合ったプランをご提案いただけたというのもすごくありがたかったですね

コンサルタントのリードにより、新しい担当者の成長を感じられた

ー実際に弊社のサービスを導入していただいた前後での変化を教えていただけますか?

私が関与しなくても採用活動が進むようになりました。

前述のとおり、新任の採用担当者はエンジニア採用業務が未経験だったため、どういう人を採用ターゲットとすればいいのか、どれぐらいの年収が最適なのか、スカウトはどういうメッセージを送ればいいのかなど、すごく悩んだり、不安なことが多かったと思います。

当時の採用状況的に、私に聞かないと業務や意思決定が進まなかったり、聞いても担当者自身の中で消化できなかったりというもどかしさもあったと思います。

ですが、井上さんに支援していただいて「エンジニア採用について相談できる人」ができたことで、知識をインプットしながら段々と自分たちなりに判断して進められるようになっているなと思います

ー最後に、弊社のサービスはどんな企業様におすすめかを教えていただけますでしょうか?

専任の人事や採用担当者がおらず、CTOの方が直接採用をされている会社さんにおすすめです

専任の採用担当者がいない場合、人材紹介サービスを利用して選考をするだけならリソースを割くことができると思うんですが、スカウト媒体を利用して能動的に人を選んでスカウトするのって結構リソースが必要になるので「やりたいけどできない」という方もいらっしゃると思うんです。

そのため、そういう「専任の人事・採用担当がいない会社」に向いてると思います。

ーありがとうございます!

GMOリサーチ&AI株式会社様では「Webエンジニア」や「リサーチャー」などの採用を行なっております。業界最大級の規模で市場調査・マーケティングを行う同社にご興味がある方は、ぜひコチラよりご応募ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次