【人事向け】LAPRAS SCOUTとは?エンジニア採用に強い最新人材探索ツールの活用方法

目次

はじめに

エンジニア採用に強い人材探索ツールとして注目を集めている「LAPRAS SCOUT」。

ITエンジニアのスキルや適性を深堀りして分析できる機能が大きな特徴で、それによって企業が最適な人材を見つけ出すことを可能としています。

しかし、「具体的にどのような機能があり、どのように使いこなすのか」を把握できていない採用担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事では、LAPRAS SCOUTの特徴やサービス概要、やエンジニア採用の際に選ばれる理由・導入するメリットなどを詳しく解説していきます。

また、実際にLAPRAS SCOUTを活用して採用成功を収めた企業の事例も紹介します。エンジニア採用における成功を目指すあなたの一助となることを願っています。

LAPRAS SCOUTとは

特徴とサービス概要

LAPRAS SCOUTとは、エンジニア採用に特化した人材探索ツールです。アプリ開発やシステム設計など様々な分野の優秀なエンジニアを見つけることが可能です。

このサービスの大きな特徴は、エンジニアのスキルセット、経歴、プロジェクトの実績などを詳細に把握できることと多様な検索オプションによって、企業の求める人材を的確に探し出すことです。

また、エンジニア自身が公開する自己PRやポートフォリオも閲覧可能で、その人物の特性やスキルを深堀りすることができます。このように、LAPRAS SCOUTではエンジニアの情報を多角的に把握し、最適な人材を効率良く探すことが可能となっています。

選ばれる理由・メリット

LAPRAS SCOUTが多くの企業から選ばれる理由は、その差別化した特徴にあります。

①エンジニア特化型の求人サイトであることです。IT業界に特化しているため、高品質で専門的なスキルを持つエンジニアを効率良く探すことができます。またエンジニアのスキルセットや現在の職場環境など、詳細なプロフィール情報を閲覧できるため、自社に適した人材が非常に発見しやすくなっています。

②AIを活用した採用支援です。AIがエンジニアのスキルや適職を分析し、最適な人材を自動的にマッチングしてくれるため、採用コストの削減と採用効率の向上が期待できます。

③候補者とのコミュニケーションを支援する機能です。スカウトメッセージのテンプレート提供や、返信率を上げるためのアドバイスなど、採用成功に役立つ機能が非常に充実しています。

以上の点から、LAPRAS SCOUTはエンジニア採用を成功させる強力なツールと言えます。

利用企業の一例

LAPRAS SCOUTは、多くの企業による採用に活用されています。いくつかの事例を以下の表にまとめました。

企業名業種採用職種
株式会社メルカリITエンジニア
株式会社ディー・エヌ・エゲームエンジニア
トライワークス株式会社ITプロジェクトマネージャー

フリマアプリを展開する「株式会社メルカリ」は、エンジニアの採用にLAPRAS SCOUTを活用しています。一方、「株式会社ディー・エヌ・エー」はゲーム業界でのエンジニア採用に、そして「トライワークス株式会社」ではプロジェクトマネージャーの採用に利用しています。

各社とも候補者のスキルと経験に合わせた採用が可能となり、高度なマッチングが行えることから高評価を獲得しています。

LAPRAS SCOUTの料金とプラン

通常プランとPROプラン

LAPRAS SCOUTでは、利用者のニーズに応じて「通常プラン」と「PROプラン」の2つの料金プランを提供しています。

通常プランは、基本的な機能が使えるプランで、人材の検索やスカウトメッセージの送信数に制限があります。しかし、初めての利用者や小規模な採用ニーズには十分な機能を備えています。

一方、PROプランは、通常プラン以上に多くの機能が使えるプランです。高度なフィルタリング機能や大量のスカウトメッセージ送信が可能であり、大規模な採用ニーズや特定のスキルを持つ人材を探す際に有効です。

以下に、それぞれのプランの主な機能と料金をまとめた表を示します。

プラン機能料金
通常プラン基本的な人材検索、スカウトメッセージ送信(制限有)詳細は公式サイトを参照
PROプラン高度な人材検索、スカウトメッセージ無制限送信等詳細は公式サイトを参照

完全月額制と成果報酬制の比較

LAPRAS SCOUTでは、完全月額制と成果報酬制の2つの料金プランが用意されています。

完全月額制は、一定の月額料金でサービスを利用し続けることができ、求職者への無制限のスカウトが可能です。一方、成果報酬制は採用成功時にのみ料金が発生します。

以下にそれぞれの特徴を表にまとめました。

完全月額制成果報酬制
料金形態一定の月額料金成果(採用)時に料金
スカウト無制限有制限
おすすめの使用シーン長期的に複数人を採用したい場合単発や短い期間で採用したい場合

どちらのプランを選ぶべきかは、企業の採用フローと目的によります。無理なく採用活動を進めたい企業には完全月額制、リスクを減らして採用を進めたい企業には成果報酬制がおすすめです。

LAPRAS SCOUTを使う際の注意点・デメリット

ユーザー構成とUIへの慣れ

LAPRAS SCOUTは、エンジニア専門の人材探索ツールであり、その求職者は圧倒的にエンジニアが大多数を占めています。そのため、技術的なスキルや経歴を重視する企業にとっては非常に利用しやすい環境と言えるでしょう。

LAPRAS SCOUTのUIは、求職者データがカード形式で表示され、一目でその人材のキーファクターを把握することができます。しかしながら、その独自性ゆえに誤操作を引き起こす可能性もあります。特に検索条件の設定や人材の絞り込み機能は多機能で詳細なため、使いこなすには時間とある程度の慣れが必要でしょう。

初めての利用者は、まずは基本的な機能から使い始めることを推奨します。習熟度に応じて徐々に高度な機能を活用していくことで、効果的な人材探しを行うことが可能となります。

スカウトメッセージのカスタマイズとペナルティ

LAPRAS SCOUTでは、候補者に対して直接メッセージを送るスカウト機能があります。この際、テンプレートだけでなく自由な文章を書くことで、候補者への強い興味や関心を示すことが可能です。

しかし、一方でペナルティも存在します。ペナルティの一例として、同一のスカウトメッセージを極度に多くのユーザーに送る行為は制限されています。

これは、一斉送信のメッセージは個々の求職者への真摯な興味の表明とは言えず、ユーザー体験の低下を招くと判断されているからです。

また、適切でない表現を含むメッセージも禁止されています。違反が確認された場合、アカウントの利用制限がかけられる可能性があります。以上の点に気を付けつつ、候補者へのメッセージ作成に努めることが大切です。

LAPRAS SCOUTのスカウトメールの例5選

LAPRAS SCOUTのスカウトメールは、エンジニアのスキルや経験に合わせてカスタマイズすることが重要です。ここでは、実際のスカウトメールの例を5つ紹介します。

1.プロジェクト経験の詳細を尋ねるメール
「あなたが以前に参加したプロジェクトのスキルセットが、現在の求人にぴったり合っているようです。具体的な経験内容を教えていただけますか?」

2.特定の技術スキルを尋ねるメール
「あなたのプロフィールにPythonの経験が記載されています。具体的な開発環境やフレームワークの使用経験はありますか?」

3.チームでの役割を尋ねるメール
「過去のチームでの役割や貢献について詳しく教えていただけますか?リーダーシップ経験はありますか?」

4.キャリアビジョンについて尋ねるメール
「今後、どのようにスキルを築き上げていきたいと思いますか?また、そのために何が必要と感じていますか?」

5.会社のビジョンを共有するメール
「我々は〇〇を目指しています。あなたのスキルと経験は、そのビジョンを実現する助けになると思います。一緒に働くことについて考えてみませんか?」

以上、エンジニアへのスカウトメール例です。

個々のスキルや経験に合わせてメッセージを作成することが大切で、一方的な求人情報の提示だけでなく、双方向のコミュニケーションを意識していきましょう。

LAPRAS SCOUTを活用した採用成功事例

(1)Freee株式会社

Freee株式会社は、クラウド会計ソフトを提供している企業ですが、LAPRAS SCOUTを活用し、優秀なエンジニアの採用に成功しています。

具体的には、LAPRAS SCOUTの充実したスキルタグから、必要なスキルセットを持った候補者を的確に抽出することができています。実際にスカウトメールの送信後、面接に至るまでの流れがスムーズに進んだという事例があります。

また彼らの成功の秘訣は、LAPRAS SCOUTのAIが提供するマッチング候補者リストを駆使しつつ、送信メールに候補者が感じている課題解決の一助となるような情報を盛り込み、人間味のあるコミュニケーションを心掛け、スカウトメールの内容を丁寧にカスタマイズしたことにあります。

この結果、Freee株式会社は、求職者からの反応率を大幅に上げ、質の高いエンジニア採用を実現しました。

(2)GMOペパボ株式会社

GMOペパボ株式会社は、LAPRAS SCOUTを活用してエンジニアの採用に成功しています。同社は、自社のサービスを支える優秀なエンジニアの確保が課題となっており、その解決策としてLAPRAS SCOUTを導入しました。

それによってLAPRAS SCOUTの詳細なスカウト機能を活用し、GMOペパボの求めるスキルセットを持ったエンジニアを見つけ出すことを可能にしたため、既存の求人媒体では出会えなかった自社のビジョンに共感するエンジニアと出会うきっかけを作れた点が成功の理由だと評価されています。

(3)ラクスル株式会社

「ラクスル株式会社」は、LAPRAS SCOUTを活用し、エンジニア採用を成功に導いた1例です。

ラクスルは、デザイン印刷物のオンラインショップとして知られていますが、仕事にはエンジニアの力が欠かせません。ですので、同社におけるエンジニア採用の役割は非常に大きかったと言えます。

具体的には、LAPRAS SCOUTの豊富なデータベースから適切な技術スキルを持つ人材を効率よく見つけてスカウトメールを送付し、質の高いエンジニアとの出会いを実現させました。

また、LAPRAS SCOUTのスカウトメール機能を活用し、個々の候補者へパーソナライズされたメッセージを送ることで、応募意欲を高めることにも成功しました。これらの取り組みによって、ラクスルは高度な技術力を持つエンジニアの採用に成功しています。

まとめ

本記事では、エンジニア向けの人材探索ツール「LAPRAS SCOUT」の主な特徴、利用料金、プラン、さらには活用方法や注意点などについて詳しく解説いたしました。

LAPRAS SCOUTは、利用者の需要に応じた柔軟なプランや、エンジニアのスキルセットに合わせた精度の高いマッチングが可能なサービスです。ただし、UIへの慣れやスカウトメッセージのカスタマイズには注意が必要です。

一方で、Freee株式会社やGMOペパボ株式会社などのLAPRAS SCOUTを活用して成功した採用事例を紹介しました。

これらの事例からも明らかなように、LAPRAS SCOUTはエンジニア採用において有効なツールだと言えるでしょう。

エンジニア採用にお悩みのご担当者様へ

エンジニアの採用は、一筋縄ではいかないことも多いのが現状です。しかし、LAPRAS SCOUTを活用すれば、その困難を解消することが可能となります。

採用活動の一環として、エンジニアのスキルや経験にマッチした人材を見つけることは非常に重要です。しかし、そのプロセスは時間と労力を必要とします。LAPRAS SCOUTなら、それらを大幅に削減することが可能で、より効率的に採用活動を進められます。

また、LAPRAS SCOUTは、スカウトメールの作成から送信、応募者の管理まで一元的に管理できるため、採用プロセスをスムーズに進めることができます。まだ未利用の方はぜひ、この機会にLAPRAS SCOUTをご活用いただき、採用活動の成功に繋げてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

井上愛海のアバター 井上愛海 株式会社ミギナナメウエ 執行役員

2022年9月東京大学大学院在籍中に株式会社ミギナナメウエの執行役員に就任。
即戦力RPO事業の事業責任者を担い、これまでに80社以上の採用支援に携わる。
【以下実績】
・シリーズBのスタートアップ企業の20名のエンジニア組織を40名まで拡大
・CTO、PM、メンバークラスを採用しゼロからのエンジニア組織を立ち上げに成功

目次